塾は学力を上げる事が出来るので、現在塾に通っている子どもが多くなっています。そこで、塾の見学で大事な事と塾をかえるタイミングについてお話します。どちらも大事な事なので、ぜひ参考にして塾に通う時に役立ててくださいね。

塾の見学で大事な事

生徒が真面目に授業を受けているのかチェック

塾選びをする際には、体験授業を必ず受けて生徒が真面目に授業を受けているかチェックするのがポイントになります。集団塾の場合だと周りに影響を受けることが多いので、真面目に勉強していない子がいると、それ…

詳細を見る »

先生の教え方がうまいのかを確認

塾の見学に行った場合にまずチェックしなければならないことは、先生の教え方が上手いかどうかです。良い塾かどうか見分けるコツは、質の高いカリキュラムになっているかどうかも重要ですが、やはり先生の教え方…

詳細を見る »

個別指導はどういうもの?

個別指導は、生徒ひとりひとりの性格や能力などの個性を重視した指導形態の名称です。狭義には、指導者と生徒が一対一の関係で行われる指導を意味する言葉として使われます。

先生と面談して授業方針などを確認

授業方針をしっかりと確認しよう

塾の見学をするのであれば、ただ見学するだけでなく、先生と面談して授業方針などを確認することが大切です。授業方針を知ることによって、どんなコンセプトで塾を運営しているのか知ることができるからです。例えば、授業方針が淡々と勉強を教えるのではなく生徒と一緒になって考えながら授業を進めていく塾は、生徒の思考力を伸ばすことを目的としています。他にも生徒を褒めながら授業を展開していく塾では、生徒のやる気を伸ばすことに力を入れているといえるでしょう。このように授業方針を知ることによって、塾が生徒のどこを伸ばしたいかを知ることができます。それを知ることによって自分の子どもに最適な塾を見つけることができるので、しっかりと確認するようにしましょう。

自分の子どもに合った授業方針を選ぼう

授業方針なんてどこも一緒だからあまり気にすることではないのではと考えている方が多いのではないでしょうか。しかし塾によってその授業方針は大きく異なります。例えば中学受験の大手進学塾を見てみると、その授業方針は予習型と復習型の二つに大きく分けることができます。予習型の授業方針は、授業の前に事前にテキストを確認してわからない点をチェックしておくことです。それによって授業を受ける時に自分がどこをわからないのかを確認しながら学ぶことができます。復習型は授業が終わってから自分自身でわからない点を復習していく方法です。この方法を採用している塾の多くは、授業が終わった後にその日に習った内容のプリントをたくさん渡してそれを宿題にすることが多いです。このように授業方針はそれぞれ違うので、自分の子どもに合ったところを選ぶようにしましょう。

塾をかえるタイミング

半年経過しても学力が上がらない時

塾に通い始めてから効果が出るまでには最低でも半年はかかります。ですから1ヶ月や数ヶ月ほどで塾を変えようとおもうのではなく、必ず半年は待つようにしましょう。し…

詳細を見る »

授業についていけない時

学習塾に通っているけども、成績が伸びないこともあるでしょう。実際に、学習塾に通っているとしても、生徒のすべてが成績アップをする訳ではありません。もし、すべて…

詳細を見る »

勉強のモチベーションが上がらない時

塾といってもまず、集団指導か個人指導か、というものがあり、更にそこから厳しく勉強するタイプか、楽しんで勉強するタイプか、というものがあります。例えば勉強が嫌い…

詳細を見る »