生徒が真面目に授業を受けているのかチェック

体験授業は必ず受けよう

塾選びをする際には、体験授業を必ず受けて生徒が真面目に授業を受けているかチェックするのがポイントになります。集団塾の場合だと周りに影響を受けることが多いので、真面目に勉強していない子がいると、それに引っ張られて真剣に授業を受けなくなってしまうことがあるからです。また真面目に勉強していない子は、授業中暇になるので、周りの子にちょっかいを出したり、先生に全然関係のない質問をしたりして授業を妨害するケースがあります。そのような子がいないか、見学時に体験授業を受けて必ずチェックするようにしましょう。親が見学できない場合は、子どもに周りの様子をしっかり聞くことが大切です。塾は入会金などもかかるので、一度入ったらなかなか辞めにくいのでしっかりと確認するようにしましょう。

不真面目な子がいない塾の選び方

体験授業の時は不真面目な子がたまたま休みの場合や親の目があるので静かにしている場合もあり、本当の姿が見えないこともあるのではないでしょうか。子どもの成績アップを考えて真剣に塾に通わせたいのであれば、不真面目な子がいない塾を選ぶことが大切です。ポイントは、不真面目な子が通えなさそうなレベルの高い塾を選ぶことです。レベルの高い塾は普通の塾に比べて費用が高い面もありますが、その分、生徒は真剣に通っていることが多いので、周りに影響を受けて成果を上げることができます。またレベルの高い塾は講師の質も良いので、もし不真面目な子が紛れ込んでいたとしても、上手に対応することが可能です。子どものレベルに合わせて塾を選ぶのも大切ですが、ちょっとレベルの高い塾に通うことによって良い刺激を受けるかもしれません。

小学生の塾は、学校の授業についていく学力を養成するものと、小さい頃から中学受験を目指したものがあります。どこの塾でも良いわけではなく、子どもの学力と目的に合わせて塾選びをするがことが大切です。